大きいことはいいことだ! 大きなダンボールハウスの作り方

ダンボールのおもちゃ

「ああ、大きいダンボールハウスが欲しいなぁ……」

そう考えたことはありませんか?

私はあります。

 

例えば、子供を連れていったおもちゃ売り場で、子供向けのダンボールハウスを見た時。

「こういうの、大人用の大きいやつもあればいいのに」

なんて、溜め息をもらしてしまいます。

 

それというのも、ひとえにプライベート空間が欲しいから!

こたつに入って静かに本を読もうとしても、すぐ隣りで旦那がテレビを観ながらゲラゲラ笑っていて、ちっとも集中できない。

パソコンで作業をしようとしていても、子供がうろうろ歩き回って気になる。

飼い猫は私の顔を見ればニャーと鳴き、たいして腹も減っていないくせに、エサをねだってくる。

妻であり母であり飼い主でもある私に、プライベートやプライバシーなんかは、存在しないに等しいのです!

 

それらの要因からくるストレスを手軽に緩和してくれそうなのが、件のダンボールハウス。

しかしおもちゃ売り場をいくら探せども、大人用の大きいダンボールハウスは売っていませんでした。

ホームセンターにも、ディスカウントストアにも行きました。

けれども結果は同じです。

いったいどうしたら良いのでしょう。

答えは簡単です。

売っていないのならば、自作すればいいのです!

ずぼらな私にとって、ものすごく面倒くさいことだけど……!

【目次】
先人たちに学ぶ、大きいダンボールハウスの作り方
動画と同じ、大きいダンボールハウスに必要な材料
大きいダンボールハウス作りに使う道具
大きいダンボールハウスの作り方
さいごに……

スポンサーリンク

【先人たちに学ぶ、大きいダンボールハウスの作り方】

困った時は、ネットサーフィンに限ります。

大人用の大きいダンボールハウスの作り方を一心不乱に探しましたが、出てくるものの大半は、子供向けの大きめのダンボールハウスばかり。

私のようなおおきなおともだち向けの作品なんて、ちっとも見つかりません。

そんな中、唯一YouTubeで見つけました。

 

・超巨大!ダンボールハウスを作って可愛くデコってみた!【uni】/ボンボンTV

超巨大!ダンボールハウスを作って可愛くデコってみた!【uni】

 

こちらの動画では、かわいらしい女の子2人が、これまたかわいらしい巨大ダンボールハウスを作っていらっしゃいます。

しかしながら、設計や材料について、詳しく触れられていませんでしたので、何度も動画を観て、私なりに分析してみました。

動画4分19秒以降のデコレーション等は省略して、ダンボールハウスそのものの作り方だけを考察していきます。

また、製作効率を考えて、動画とちょっと順序が違ったりもしますので、この記事と動画の両方を参考にしてダンボールハウスを作ろうとお考えの方は、お気をつけください。

【動画と同じ、大きいダンボールハウスに必要な材料】

・厚めのダンボールシート(ダンボール板)……12枚

 

動画内の女の子の身長と、使われているダンボールシートを比較して推察したところ、その大きさはおよそベニヤ板サイズ。

厚みは女の子の小指ほどありましたので、かなり厚手のものを使っているようです。

 

以上をふまえ、動画内で使われているものに近いであろうダンボールシートが、こちらです↓↓↓

 

 

サイズ180cm × 90cm、厚さ8mmのダンボールシートです。

かなり大きいですね。

価格は12枚入りで、9132円。

これはなかなかのお値段です……。

ただ、こちらの商品は「学校・法人・個人事業主限定販売」と書かれていました。

購入する手段のない方は、他の商品を選ぶ必要がありそうです。

 

同じサイズで、厚さ5mmのものでしたら、アイリスオーヤマから販売されていました。

型番はM-DS1890C ( MDS1890C )です。

こちらはお店によって価格にバラつきがあり、また送料もかなり違いますので、上記の型番で検索して、お得な所で買うのがベターです。

厚みが5mmと、大きいダンボールハウスを作るには少し心もとないため、できればスプレーのりなどで2枚のシートを接着して、ニコイチで製作した方がいいかもしれません。

【大きいダンボールハウス作りに使う道具】

・マスキングテープ(仮どめ用)

・カッターナイフ

・できるだけ長いものさし(金属製がベター)

・ペン

 

金属製のものさしを推奨する理由は、カッターナイフで切る際のガイドに使えるからです。

プラスチックのものさしでやると、力を込めて引くカッターの刃で、はからずもものさし自体を削ってしまうおそれがあります。

【大きいダンボールハウスの作り方】

① まずはどの部位にダンボールシートを何枚、どちら向きで使うのか、確認していきましょう。

 

・床……2枚(横向き)

・横の壁……1面につき2枚(横向き)、合計4枚

・屋根……2枚(横向き)

・正面扉側……2枚(縦向き。扉は観音開き式)

・背面……2枚(縦向き)

 

このダンボールハウスの組み立て方は、「差し込み式」というのでしょうか。

ガムテープ等を使用せず、天井や壁、床、おのおの凹部位(穴、差し込み口)に凸部位を差し込むタイプです。

文字で見てもよく分からないと思いますので、完成図を描いてみました。

完成形が分かれば、いくらかイメージが湧きやすいかと思います。

ちなみに、ダンボールシートには裏と表があります。

うっすらとしましま模様が浮かんでいる面が裏ですので、そちらが内側になるように製作していきます。

仕上がりの外観をできるだけ綺麗にするために、マスキングテープを貼ったり、ペンで切り取り線を書くのも、裏面にしましょう。

 

 

② 横の壁を製作しましょう。

まずは2枚のダンボールシートの長辺同士を、マスキングテープで連結します。

しましま模様が見える裏面をとめるようにしてください。

 

2枚のダンボールシートを連結できたら、上の短辺から30cmの位置に線を引き、切り落としましょう。

しましま模様と平行に切るため、比較的楽に刃が通るはずです。

いきなり30cm × 180cmもの大きな端材が出てしまい、もったいないと感じるかもしれませんが、素敵な三角屋根を乗せるためには、仕方がないのです……。

端材は③で使いますので、とっておきましょう。

また、 端材の短辺は30cmぴったりの定規代わりにもなりますので、このすぐあとに出てくる凹部分(差し込み口)の30cmをマーキングする時に使うと便利ですよ。

 

さて次に、

・扉をつける正面

・背面

それぞれの凸部位を差し込むための、凹部位を作っておきます。

文字では分かりづらいので、先に下の図を見て、イメージしてみてくださいね!

まずは左右の短辺の、端から10cmの位置に、線を引いていきます。

そしてその線の上に、図に赤く描かれた凸部位をマーキングします。

・上から20cmの位置よりスタートして、30cmの長さ

・下から20cmの位置よりスタートして、30cmの長さ

左右合わせて4ヶ所です。

 

次はマーキングした位置に、ダンボールシートの厚さと同じ程度(今回は8mm想定で図を作製しています)の、細い長方形の穴、「差し込み口」を作ります。

ただ切り込み線を入れただけでは凸部位が通らないので、差し込み口の形成というひと手間が重要です。

 

上にある図と同じ状態のものが2組できたら、横の壁の準備は完了です。

 

 

③ ②で切り落としたダンボールシートの端材を、凸部位の型紙として利用します。

 

凸部位は短辺10cm × 長辺30cmで、2辺の角を落とした、潰れたかまぼこのような形です。

 

 

④ 正面と背面の製作、第一段階です。

縦に使う正面2枚、背面2枚、合計4枚のダンボールシートのうち、1枚をテンプレートとして先に作ります。

ちょっと分かりづらいので、先に図解しておきます。

まず、屋根を乗せる部分を下書きしていきましょう。

・ 長辺の端から10cmを測り、ペンで長~く「線A」を引きます。

・ 線Aの、上から30cmの所に、印をつけます(図の☆印)。

・ 印から反対の角に向かって、線を引きます。

・ 頂点から30cmの所に、③で作った凸部位の型紙を置き、ペンでなぞって型を取ります。

 

次は横の壁との接合部です。

・ 下側短辺の、端から1cmを測り、ペンで長~く「線B」を引きます。

こちらはのちほど床に差し込む部分になります。

・線Aの下側から、21cm(線Bの分の1cm+20cm)の位置に、③で作った凸部位の型紙を置き、ペンでなぞって型を取ります。

・ 線Aの上側から50cmの位置に、③で作った凸部位の型紙を置き、ペンでなぞって型を取ります。

・上側に書いた斜辺の、☆印とは反対の角から30cmの位置に、③で作った凸部位の型紙を置き、ペンでなぞって型を取ります。

下書きに沿って、いらない部分(図の薄い青の部分)をカットします。

 

 

⑤ ④で作った1枚をテンプレートにして、他3枚を製作していきます。

ダンボールシートにテンプレートを重ねて、周囲をペンでなぞれば、簡単に型取りができます。

 

先述したように、ダンボールシートには裏表があります。

1枚はテンプレートを重ねて同じように、もう2枚はテンプレートをひっくり返して型取りします。

下書きできたら、いらない部分をカットしてください。

 

 

⑥ 前面、扉を作製します。

使用するのは、④で作製した2枚です。

左右対称になるように、並べて置きましょう。

まずは床へ差し込む部位から、下書きしていきます。

④で書いておいた線B(下側から1cmの線)と垂直に交わる線を、外側から20cmの位置と、内側から40cmの位置に引きます。

線が引けたら、そこまでの部分をカットします。

 

次に、扉の下書きをします。

先ほどカットした、内側から40cmの位置の延長線上が扉になります。

扉の形や大きさ、窓の有無は、お好みでアレンジして大丈夫です。

唯一気をつけるのが、扉の折れるつなぎ目部分。

内側から40cmの縦線に、手の平ひとつ分程度~のスペースを2ヶ所とっておいてください。

 

扉の下書きができたら、カッターナイフで切っていきましょう。

ダンボール同士の摩擦を防ぎ、開閉をスムーズにするために、ダンボールシートの厚さと同じ程度の溝を作っていくイメージです。

 

 

⑦ ダンボールハウスの床を作ります。

床は正面扉側の凸部位と、背面の壁の受け側となります。

 

床材として、ダンボールシートを2枚使用。

裏側を布テープでぴったり貼り合わせれば、短辺90cm ×2 = 180cm、長辺180cmの、正方形の床材ができます。

 

次に、ダンボールシートの端から10cmほど内側に、ペンでまっすぐ線を引きましょう。

 

その線に合わせて、

・正面扉側は端から30cmの位置から、20cmの長さの線を、左右両方に

・背面側は10cmの位置から、反対の端10cmの位置まで

合計3ヶ所、差し込み口の印をつけます。

下書きできたら、カッターナイフで切り込みを入れていきます。

 

 

⑧ 部品作りもいよいよ最後、屋根です。

2枚のダンボールシートが接する屋根の頂点は、テープでとめてもとめなくても大丈夫です。

まず、短辺の端から10cmの位置に、線を引いて下書きします。

次に、その線に合わせて端から30cmの位置に、30cmの長さの差し込み口用の目印をつけます。

幅90cmですので、どちら側から測っても同じです。

下書きができたら、カッターナイフで切り込みを入れましょう。

 

あとはお好みで天窓を製作してください。

形や配置は自由です。

ダンボールハウスの中はどうしても暗く、風通しが悪くなってしまうため、開閉式の天窓があると便利かもしれません。

 

────お疲れ様でした。

これで、材料のカットの工程は終了です!

 

⑨ いよいよ全工程の最後を飾る、組み立て作業です。

ここまで来ればもう、何も説明せずとも、簡単に組み立てられるでしょう。

ダンボールシートに開けた差し込み口に、凸部位をはめていってください。

動画では、拳で軽くドンドンと叩いたりして、奥まで差し込んでいました。

組み立てで分からない組み立て箇所があれば、①の全体図をご参考になさってみてください。

【さいごに……】

大きいダンボールハウスの製作手順をここまでお読みになられて、皆様はどう思われたでしょうか。

私の感想は────「動画だけを参考に作るのなんて、ムリ!!」でした。

 

このコラムを書く際、動画のダンボールハウスを頭の中で設計するのが難しかったため、動画を何度も観直し、図に描き起こしながら進めました。

しかしいざ描いてみると、コッチが違うアッチが違う……と、やたらと描き直しが多かったのです。

ダンボールハウスを作りたいなぁと思った時、動画を観る方が手っ取り早く作れそうに感じますが、それなりに詳しく工程が説明されているブログなどを読んだ方が、結果的に短時間で作れると思います。

 

そして、全工程の大半を占め、大変だったのが、作り方①~⑧の、設計と下書きと型取りです。

これがまた、めちゃくちゃ面倒くさいのです!

 

今回は「大きいダンボールハウス」という縛りがあり、そんな製品は簡単に手に入らないため、自作することをおすすめしましたが、子供向けのダンボールハウスが欲しい場合は、既製品の購入を心からおすすめします。

既製品ならば、わずらわしい①~⑧の工程をすっ飛ばして、ちょっと楽しい⑨の工程からいきなり始められますので。

 

さらに申し上げるなら、当サイトのユニコーンハウスをご購入いただければ、ペンキで色を塗ったりリメイクシートを貼ったりという、デコレーションの工程すらもいりません!

ただ組み立てるだけで、素敵なダンボールハウスが我が家に爆誕します!

ぜひぜひ、ご検討くださいませ。

Privacy Preference Center

タイトルとURLをコピーしました